聖母坂どうぶつ病院コラム
治療・予防

健康診断④ 尿検査

今回からは、必ずしも直接病気の診断にはならないけれども、血液検査・X線検査・超音波検査と組み合わせることで診断をサポートする検査についてご説明いたします。

最初にご紹介する検査は尿検査です。

尿はご存知の通り、腎臓において血液から作られ、体の中で余分となったものや老廃物を水とともに体の外へと捨てるためのものです。
重要なことは尿の中に溶けているものはふつう、体の中で余分にあるものだということです。

尿の中にあるもので、尿検査で見つけることのできるものとして糖(ブドウ糖)ビリルビンという物質があります。
つまり尿の中にこれらが出てきてしまうということは、体で糖とビリルビンが余分にあることを意味します。
糖が余分にあるということは、『糖尿病』が疑わしいですね。
ビリルビンは肝臓で分解される老廃物なので、ビリルビンが余分にあるということは肝臓が悪くて分解できていない、つまり『肝臓病』が疑われるということですね。

また、尿は尿を作り出す内臓である腎臓自体の異常も映し出すことがあります。
腎臓は体の需要に合わせて、尿の中へと捨てられそうになった水とタンパク質をリサイクルします。
腎臓が悪くなってしまうと、このリサイクルが機能しなくなり、尿の中に水とタンパク質がたくさん捨てられてしまうようになります
水がたくさん捨てられると尿が薄くなり、真水と比べた尿の濃さが低くなる『低比重』な尿が作られるようになります。
タンパク質がたくさん捨てられると、『タンパク尿』となります

最後に、尿は腎臓から尿管を通って、膀胱に貯められ、尿道を通って排泄されます。
腎臓、尿管、膀胱、尿道は『尿路』と呼ばれますが、これらのいずれかにダメージがあると出血することがあり、いわゆる『血尿』となります。
膀胱炎で血尿となるのは有名ですが、腎臓・尿管・尿道の炎症や腫瘍、結石でも出血することがあります。

このように尿検査では、体で余分に作られた物質から糖尿病や肝臓病、水やタンパク質から腎臓病、血尿から尿路のダメージについての情報を与えてくれるのですが、これらは尿検査だけでは診断することはできず、やはり血液検査・X線検査・超音波検査と組み合わせることで初めてどこが異常なのかを診断することができようになるのです。

当院では尿検査以外の、診断サポート検査として、皮膚科検査、アレルギー検査(血液検査)、甲状腺ホルモン検査、眼科検査、血圧検査、心電図検査、心臓病の血液マーカー検査、便検査、歯科検査などを行うことができます。

次回は、健康診断を定期的に行うことの大切さについて解説させていただきます。

下落合、目白、椎名町エリアのイヌとネコの動物病院
聖母坂どうぶつ病院 院長 田草川

記事一覧 次の記事>