当院からのお知らせ

4月7日 緊急事態宣言発令後における当院の診療について

新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態宣言が発令されたため、当院では診療体制を変更して行います。

細かく面倒だと感じられるかと思いますが、感染拡大防止の観点から人と人との接触を最小限に減らす必要があることをご理解いただきますようお願い申し上げます。

1.診療はすべて予約制となります。
①お電話にてご予約下さい。ホームページでの受付はできません。
②緊急性が低いと判断される内容の診療については、緊急事態宣言解除後の診療をご提案させていただくことがございます。お電話にてご相談ください。
③診療は当院獣医師および看護師が実施いたします。

2.診療について
①事前にお電話で問診をとらせていただきます。場合によっては用意した問診票にご記入いただくこともございます。
②必ずリードをつけて、あるいはキャリーケースに入れてご来院ください。また、携帯電話やスマートフォンをご持参ください。
③入口は常時施錠しております。ご来院されましたらインターフォンにてお呼び出しいただきますようお願い申し上げます。
④待合室までは入らず、風除室(二重扉内)のリードフックにつなぐか、キャリーケースを置いて下さい。
⑤飼い主様には、申し訳ありませんが屋外(お車でお越しの場合には車内)でお待ちいだたきます。
⑥飼い主様が院外に出られたのちに、スタッフがペットを診察室に連れていき、診療を行います。この間は再度施錠をさせていただきます。
⑦診療終了後に、お電話にて内容のご報告をいたします。
⑧治療、処方終了後にペットを風除室に戻します。解錠後に風除室にお入りください。

3.当院の水道やトイレは使用できませんので、ご了承ください。

4.診療体制の今後につきましては、逐次ホームページやFacebookでお知らせいたします。

ペットたちの健康をサポートするために、飼い主様と私たち病院スタッフの感染防止に配慮することが必要であると考えました。
そのため、このようなお手数をおかけすることとなりますが、何卒ご理解いただけますようご協力お願い申し上げます。

聖母坂どうぶつ病院
院長 田草川 史彦